西郷隆盛ゆかりの地


西郷隆盛洞窟

鹿児島市城山町の坂の途中に西郷隆盛洞窟がある。

南州翁洞中記念碑


西郷隆盛洞窟


「おはんらにやった命」

―西南戦争最後の司令部―

 明治10年(1877年)9月24日、午前4時政府軍の城山総攻撃が始まりました。城山に立てこもる薩軍兵士は、わずか300余。これを囲む政府軍は何重もの柵を回らし、その数4万。死を決した西郷は、夜明けを待って、5日間すごした洞窟を出ました。桐野利秋、別府晋介、村田新八、池上四郎といった私学校の幹部たちも一緒です。この日の西郷の出立ちは妻のイトが縫った縞の単衣に白い兵児帯。ゆっくりと岩崎谷を下ります。その時流弾が西郷の腰に命中。別府の介錯をあおいで49歳の生涯を閉じたのです。

 西南戦争というのは、不平士族の反乱のあいつぐ中、西郷を慕う私学校の生徒たちが、政府の挑発によって引き起こした暴動が始まりです。首謀者の引き渡しか全面戦争か、その結論を出したのは「おはんらにやった命」という西郷の一言でした。2月15日、ついに挙兵。熊本で政府軍と激しい攻防をくりかえすも、近代兵器のまえに敗退。7ヶ月にわたる大乱の最後を、西郷は故山城山で迎えたのです。

ぬれぎぬを干そうともせず子供らがBR>

      なすがまにまに果てし君かな   勝海舟

南州墓地に歌碑があるそうだ。

駐車場に西郷隆盛の像があった。


西郷隆盛の像の後ろにも洞窟があった。


西郷隆盛ゆかりの地に戻る