2013年青 森

大間崎〜石川啄木の歌碑〜

本州最北端大間崎へ。


沖合600mの弁天島に大間埼灯台がある。


 寛政5年(1792年)9月、菅江真澄は下北半島遊覧の日記『牧の朝露』に大間のことを記している。

 享和元年(1801年)10月、伊能忠敬は下北半島に到着。終日の悪天候の中、大間町周辺の測量を行った。

 文化7年(1810年)9月5日、松窓乙二は大間浜に到着。函館に行く船を待つ。

雲霧はれのく時は、手とゞくばかりにみゆれど、天とぶや雁を使にと願ひし人のごとく、せめてはこゝに我れありとつげんにも、せんすべなくて、

   おもふにも波をしをりの月夜かな


ちなみに本州最南端の灯台は潮岬灯台である。

 自動車は大間に果てたり。村役場もあれば、宿屋もあり。大間崎とて、平かなる陸嘴、草花を帯びて、長く延び、少し離れたる島に、燈台立てり。函館山近く数里の外に見ゆ。維新以前は、こゝより函館に渡りしが、今は青森よりして、航路三倍も延びける也。

「恐山半島の大断崖」(大間崎)

石川啄木の歌碑があった。


大海にむかひて一人
七八日
泣きなむとすと家を出でにき

東海の小島の磯の白砂に
われ泣きぬれて
蟹とたはむる

大といふ字を百あまり
砂に書き
死ぬことをやめて帰り来れり

安国丸戦死者忠霊塔


 昭和20年7月14日午后2時36分、米海軍艦載機と交戦し激斗のすえ乗員135名の勇士、艦と共にこの海に眠る。

 「まぐろ一本釣の町 おおま」のモニュメントがあったが、記念写真を撮る人が多く写真は撮らなかった。

2013年青 森〜に戻る