2009年秋 田

不動院〜師資塔〜
indexにもどる

秋田市八橋に不動院がある。


真言宗智山派の寺である。

寛文5年(1665年)、二代藩主佐竹義隆の開基。

日本三庚申霊場のひとつとされているそうだ。

境内には数多くの庚申塔がある。

不動院


本尊は青面金剛童子。

本堂の右手に「師資塔」があった。


正面 俳祖芭蕉翁 元文二年十月十二日
左面 中興蓮二師 □二年
裏面 二祖前寂支考叟

蓮二は各務支考の別号。

 元文2年(1737年)10月12日、義仲寺の芭蕉墓前の土と蓮二の書状を埋めて建立。元文2年(1737年)は支考の七回忌。

彼の七回忌を待て師資塔を立べしと、今年二月七日秋苻窪田の城西、八橋の郷不動院の境内に地を乞ふ(う)て、老師存日の書状一通を取出て舎利になぞらへ、墓沙(砂)と合せ埋み、連衆手づから土石を覆ひて墓を築き、一連三世の供会をあらはし、不朽の佳名を柱石に彫て、師資塔と号し、毎歳二月七日を追福の定期と究め、東羽百世の同士に讃仰堅高の思ひを勧めしむもの也。

『渭江話』(廬元坊編)

「師資塔」と並んで也柳の墓碑があった。



 筧水堂也柳
二名一躰
 之墓

 流泉堂仙女

也柳は支考の門人。秋田上堀自覚院の修験で、仙女と号した。

宝暦7年(1757年)、建立。

2009年秋 田〜に戻る