2004年秋 田

鳥海山〜四葉鵯(よつばひよどり)
indexにもどる

 蚶満寺から国道7号線(おばこおけさライン)を南下し、県道58号象潟八島線を経由して、鳥海ブルーラインへ。


鳥海ブルーラインを行くと、元滝川があり、上流に元滝がある。


JR東日本の観光ポスター「潤いの秋田」


写真家小松ひとみさんの写真である。

鳥海ブルーラインで鉾立(ほこだて)ビジターセンターへ。


四葉鵯(よつばひよどり)が咲いていた。


鳥海山山頂を望む。


鳥海山は日本百名山のひとつである。

 道の駅「象潟」で見た時、鳥海山は山頂まではっきり見えていたが、今は雲に覆われている。

日本海に浮かぶ夏の雲


 左は山形県遊佐町。遊佐町の右に日本海に突き出ている所がある。鳥海山から流出した溶岩が海に突き出したのであろう。そこに有耶無耶の関址がある。

 元禄2年(1689年)6月15日(陽暦7月31日)、芭蕉は酒田から象潟に向けて出立。強雨のため遊佐町(吹浦)に宿泊。翌16日、吹浦を出発。雨の中、有耶無耶の関を越え、象潟に行く。

明治40年(1907年)8月26日、河東碧梧桐は矢島から鳥海山に登った。

上山温泉へ。

2004年秋 田〜に戻る