与謝野晶子の歌碑


古町温泉「せゝらぎの湯宿満寿家」

 東北自動車道の西那須野塩原ICから国道400号で箒川に沿って、塩原温泉郷へ。


 明治43年(1910年)10月、与謝野寛・晶子夫妻は塩原温泉に吟行。

 昭和9年(1934年)5月12日、与謝野寛・晶子夫妻は塩原に吟行、満寿家に泊まる。

今日遊ぶ高き渓間の路尽きず山の現る空の現る


眞夜中の鹽原山の冷たさを假りにわが知る洞門のみち

紅葉の清琴樓の殘れるは五月ざくらに似てあはれなり

古町はふもとのごとく山低し川霧のいろ哀れなれども

古町の湯場福渡のあひだにも李花を凌げり山路のさくら

「いぬあじさゐ」

 塩原温泉郷の古町温泉「ホテルニューますや」に与謝野鉄幹・晶子の「おしどり歌碑」があるというので探したが、「ホテルニューますや」は見つからない。「せゝらぎの湯宿満寿家」になっていた。

宿の入口に与謝野鉄幹・晶子の「おしどり歌碑」が建っている。


今日遊ぶ高き渓間の路尽きず山のあらはる空のあらはる
   寛

真夜中の塩原山の冷たさを仮にわが知る洞門の道
   晶子

 塩原満寿家への「おしどり旅行」は明治43年(1910年)10月、昭和9年(1934年)5月の2回。晶子は90余首の塩原諷詠を宿に残しているそうだ。

 塩原での歌は雑誌「冬柏」(第5巻・第6号)に鉄幹41首、昌子59首が収められている。

 大正2年(1913年)6月15日、東洋大学の創設者井上円了は塩原温泉を訪れ、福渡温泉「桝屋旅館」に泊まっている。

 当日は大網を経て福渡に至り、桝屋旅館に投宿す。桝屋のつぎに丸屋、和泉屋、松屋あり。いずれも塩原中屈指の旅館にして、みな内湯あり。

「塩原紀行」

「桝屋旅館」のことを書いている。

 桝屋一名満寿屋は箒川に望み、塩渓第一の奇勝と呼ばるる天狗岩に隣接し、樹色石影ともに軒に映じ、波高水声ともに窓に入り、風光すこぶる秀霊なり。

せゝらぎの湯宿満寿家」は「湯めぐり手形」で入浴できる。今度入ってみよう。

せゝらぎの湯宿満寿家」の対岸に「もみじの湯」がある。


平成13年(2001年)2月より湯量不足でしばらく閉鎖されていたそうだ。

与謝野晶子の歌碑に戻る