一茶ゆかりの地千 葉


存林寺

千葉県安房郡鋸南町保田に存林寺という寺がある。


亀福山存林寺


曹洞宗の寺である。

文化11年(1814年)10月8日、小林一茶は存林寺に児石の墓参りをしている。

八 晴 児石墓詣

『七番日記』(文化11年10月)

児石は素丸の門人で、元名村名主岩崎善右衛門。

文化9年(1812年)9月3日、児石没。戒名は白屋児石居士。

現在、児石の墓石は無い。墓誌に戒名と没年が刻まれているだけである。

昭和34年(1959年)勝山町と保田町が合併し、鋸南町となった。

大行寺へ。

一茶ゆかりの地千 葉〜に戻る