小林一茶ゆかりの地



〜旅篭高瀬屋跡〜

高崎市新町の群馬銀行新町支店の先に旅篭高瀬屋跡がある。


 文化7年(1810年)5月11日、一茶が川留で新町の旅籠高瀬屋五兵衛に宿泊していると、神流川岸に建てる石灯籠の寄進を強要され、12文を寄進した。

史跡 旅篭高瀬屋跡


 十一 雨 きのふよりの雨に烏川留る

 かゝることのおそれを思へばこそ彼是日を費して門出はしつれ。いまは中々災ひの日をよりたるやう也、道急ぐ心も折れて日は斜ならざれど、

新町   高瀬屋五兵衛に泊

 雨の疲れにすやすや寝たりけるに、夜五更のころ、専福寺とふとく染めなしたる提灯てらして、枕おどろかしていふやう、「爰のかんな川に灯篭たてゝ、夜のゆききを介けんことを願ふ。全く少きをいとはず、施主に連れ。」とかたる。「かく並々ならぬうき旅一人見おとしたらん迚、さのみぼさちのとがめ給ふにもあらじ、ゆるし給へ。」とわぶれど、せちにせがむ。さながら罪ありて閻王の前に蹲るもかくやあらんと思ふ。十二文きしんす。

   手枕や小言いうても来る螢

 迹へ帰らすれば神奈川の橋なく、前に進んと思へば烏川舟なし。たゞ篭鳥の空を覗ふばかり也。

   とぶ螢うはの空呼したりけり

   山伏が気に喰ぬやら行螢

一茶『七番日記』より

建碑の記

 かつての中山道新町宿は本陣を始め40数軒の旅籠屋が軒をつらねて諸大名を送迎し、旅人を宿して繁栄していた。文化7年5月11日、俳人小林一茶は郷里信州柏原へ急ぐ途次、たまたま高瀬屋に宿泊して『七番日記』に名文を書き留めた。われわれは最近まで旅籠屋の姿を遺していた高瀬屋の跡に日記の一文を刻んで、新町宿の昔をしのぶよすがとし、永く将来に伝えようとするものである。

   昭和52年5月11日

多野藤岡ライオンズクラブ 建之
協賛  新町文化財調査委員会

小林一茶ゆかりの地に戻る