一茶ゆかりの地

真間山弘法寺〜一茶の句碑〜〜



真間寺で斯う拾ひしよ散紅葉

千葉県市川市に真間山弘法寺がある。


石段を登ると、仁王門がある。


仁王門の右に小林一茶の句碑があった。


真間寺で斯う拾ひしよ散紅葉

 安永6年(1777年)春、一茶は15歳で江戸に奉公に出る。

 天明2年(1782年)、一茶20歳の頃には馬橋(現・松戸市)の油商を営む俳人大川立砂の許に奉公しながら俳諧の道に入った。

 寛政10年(1798年)10月、馬橋の大川立砂とともに真間の手児奈霊堂から弘法寺に紅葉狩りにやって来た。

夕暮の頭巾へ拾ふ紅葉哉
     
立砂

紅葉ゝや爺はへし折子はひろふ
     
一茶

翌寛政11年(1799年)、立砂没す。

文化8年(1811年)、一茶は立砂の13回忌の日に訪ねる。

 されば立砂翁と今は此世をだてたれど、我魂の彼土(かのど)にゆきゝしてしりけるにや、又仏の呼よせ給ふにや十三廻忌といふけふ、はからずも巡り来ぬることのふしぎさに、そゞろに袖をしぼりぬ。


何として忘ませうぞかれ芒(すすき)

碑の句は紅葉狩りのことを思い起こして読んだもの。

   寛政十年十月十日ごろ、二人てこなつぎ橋
   あたりを見巡りしときのこと也。

真間寺で斯う拾ひしよ散紅葉


この時の句に次のようなものがある。

生残り生残りたる寒さかな

はつ雪やとても作らば立砂仏

また、真間寺で詠んだ大島蓼太の句もある。

   真間寺にて

真間の井や道を千尋にしのぶ草


 大島蓼太は信濃生。本姓は吉川、通称は平助、名は陽喬、号に雪中庵・里席・宜来等。二世雪中庵桜井吏登に入門し、のち三世となる。三千余人の門人を有したという。天明7年(1787年)、69才で歿。

一茶ゆかりの地に戻る